diary

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

2011.08.29 ピアノの発表会とかビールゼリーとかヘルパンギーナなど

iwai.jpg


保育園の友達や、古くからの友人達などに本の出版を
祝ってもらってほくほくな私です。

みなさんありがとうございます。


さて、週末にマリピアノの発表会がありました。
去年の10月に習い始めて約10ヶ月。

ソロ曲と、先生との連弾の2曲、
本人「緊張してトイレ行きたくなっちゃう〜」
と言いつつそれほど高度な曲じゃなかった事と、
練習で間違えずにほぼ弾けたので自信があった事、
そして発表会のホールが保育園の行事でいつも
借りているホールだった事から言う程緊張もせず、、、

あがる事無く弾き終えました。

そしてピアノを習いたくて仕方ないカホは、
多分9月からマリと一緒にピアノに通う事になりそうで、
今かなり"こそ練"しています。

ねこふんじゃったと、茶色のこびん(マリの弾いた曲)を
体得中。

pianokai.jpg

そんなカホですが、どうやらヘルパンギーナだったみたい。

"だった"というのは、
週末に急激に9度以上の発熱→丸1日ほどで平熱

というわけで病院に連れて行っておらず・・・

先ほどたまたまカホと同じクラスの女の子のお母さんに
会ったらカホと全く同じ症状が同じ日に発症してて、
病院で診察してもらったらヘルパンギーナと診断が下ったらしい。


「だからカホちゃんもきっとそうだよ」

「そうだね」

と、決めてみたのです。
まだまだ夏風邪、油断ならないですね。


そしてそして


子連れオオカミ世界を行くweb版更新しました。

今回は明洞と、三清洞ネタをちょろっと。

| 2011~ , 日記 , 育児日記 child care | コメント (4) | 2011.08.29 15:43 |

2011.08.25 子連れソウルを素敵な記事に&マリ自由研究総括

ゆりんの韓国と私♪ソウル旅行と韓国旅行ブログ


のゆりんさんに本の感想を書いていただきました。
ソウルの事を検索すると必ず上位にヒットする
ゆりんさんのブログ。


最初ツイッターで「本予約しました!」と言って下さった時。

「果たして何で私の事知ってくれてるんだろ!?」と思いました。

それも記事を読み解明。
5月にイラストの展示をやったmoin creative spaceは、
有名カフェAnthraciteと同じ建物。

カフェ目的で検索すると私の日記がヒットするんですよね。

ゆりんさんもその一人で、その流れで子連れソウル
を読んで下さったのです。

感想も丁寧に書いて下さりそのまんま
アマゾンかなんかのレビューにコピーしたいくらい!
と思いましたよ。

とても嬉しいです。
そしてソウル行きを考えてるみなさん、
ゆりんさんのブログにいっぱい情報があるので
是非チェックしてみてくださいね〜


さて、夏休み自由研究ネタです。

自由研究ネタ第一弾はこちら


「毎日料理のお手伝いをする!」という料理の自由研究。
張り切って始めてみたものの、私の方がへこたれそうで


「マリ、今日はやらなくてもいいよ〜。」なんて
言ってみても「ダメ!ちゃんとお手伝いする!」と頑張りました。


そうは言っても6歳児。


かなり波があります。低調な時の日記はこんな感じ。


onigiri.JPG


sando.JPG

ホットサンドの時なんて「手を三回洗った」って!!!
それだけ!!??




そして笑っちゃったのが"トマトそうめん"の回。

setuden.JPG


つめたかった。せつでんになっ

たでもせんぷうきとくーらつけた。


って節電になってないじゃん!!!

そして低調から再び高度をあげたころの日記がこれ


tebamoto.JPG

小麦粉の描写が妙に細かい。
多分これ低調のときだったら点々(粉)で終わったと思う。

手羽元の唐揚げが相当美味しかったのもあり、感想文も長いですね。



sumibi.JPG

あとは8月の8を"蜂"にしてみたりと遊ぶ時もありました。

ほぼ毎日ちゃんと台所に立って切ったり炒めたり茹でたり、
1日だけ、新潟で3食外食の時に出来なかった以外は毎日記録をつけました。

スケッチブックも2冊に渡る記録。

昨日は夏休み最終日だったので

pirahu.JPG

*海老ピラフ(炒めて炊飯器方式)
*じゃがいもと玉ねぎの冷製スープ
*ゆで卵とキュウリとコーンのサラダ


と全部作り、自由研究終了!!

玉ねぎの皮をむくところから左のコンロで
スープを茹で、右のコンロでお米を炒め、とほぼ
一人でやり抜きました。

夏休み前は私が面倒なので子どもを台所に立たせることなんて
しなかったので、相当成長したな〜と感心。

さらに昼間姉妹喧嘩が原因で私にこっぴどく叱られた尻拭いか、
マリとカホが二人で食器を全部洗って、ふいてくれました。

手伝わせた事なんて無いのに、マリがスポンジに泡をつけて洗い、
カホがすすいで、マリが拭いてと流れ作業が完璧。


わ〜〜〜〜〜ん泣かせないで〜〜〜〜〜(泣いてないけど)


と、夏休み最終日は嬉しく幕を閉じました。
はーーーー今日から学校だ!ホッとする!
世の小学生を持つお母さん達、お疲れさまでした!!




kai.jpg

先日マリ妊娠中に母親学級で会ったいわゆる一番最初の"ママ友達"と
集まりました。
それぞれ子どもが2人に増え(しかもみんな姉妹兄弟ソックリ)
タイプも性別も全然違うのに会えば仲良く遊べるのでおもしろい。

そしてまだ第一子が小さい頃に集まった写真を見てビックリ。

「みんな若〜い!(親が)」

そうだよね、もう既に出会って7年経つんだもんね・・・


| 2011~ , 育児日記 child care | コメント (11) | 2011.08.25 08:36 |

2011.08.22 大沢あかねさんと

子連れソウルの帯を書いて下さった大沢あかねさんに直々に本をお届けに。


oosawasan.jpg

まだ夏休み中の長女マリを連れて某撮影スタジオへ。
ちょうど次号nina's
表紙が大沢あかねさんで、撮影があるというのでおじゃましたのです。

マリはちょうど今
「どうやったらテレビの中の人になれるの!?」と、
テレビの人に興味津々な時期。
大沢あかねサンの事ももちろん知っていて
(ハングル講座観てるので)更に劇団ひとりさんのファン。

「今日はひとりさん来てるの!?あかねさんは劇団ひとりさんと
 結婚したってことは劇団あかねになったって事だよね!?」

と静かに興奮してました。


実際お会いした時は緊張してマリはほぼ無口に。

「マリちゃん何歳?」
などと大沢あかねさんに話しかけてもらって
帰宅後も「名前覚えてもらった!」と喜んでました。

そしてその日のマリの絵日記

enikki.JPG


しかし直々に本を渡す事なんて
出来ると思ってなかったので私も大変嬉しかったです!!

| 佐々木千絵仕事情報 work | コメント (10) | 2011.08.22 19:36 |

2011.08.21 2011年新潟栃木ひいばあちゃんち巡り

毎年恒例夏休み帰省ツアーから帰宅しました。

今回は

新潟(私の祖母88歳宅)

スワンレイクビール

新潟ふるさと村

ホテルディアモント新潟

猪苗代湖

栃木(旦那の祖母92歳宅)

井頭温泉

ざっくりこんな感じ。

kisei1.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

左上のいきなりラーメンアップは六日町IC降りてすぐの
"こしじ"という
定食屋さんの日替わりラーメン。

なんとバジルとトマトのラーメンなんですが
うまい!

想像以上の美味しさに、食べ途中なのに
シャッターをパシャリ。

おすすめしようにも六日町に縁がある方は
少ないと思います。
もし何かのきっかけで通る事がありましたら
是非お立ち寄りください。

ちなみに隣の席の人が頼んだチャーハン?
海老がたっぷりでかなり美味しそうでした!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


さて、新潟では、マリカホ、祖母宅近所のYちゃん(小学4年生)に
朝から晩まで遊んでもらって大満足。

Yちゃんも過疎化がすすむ近所には遊べる友達が
いないことから、だいぶ年下だけどマリとカホと
遊べて楽しかった様。

最終日夜はBBQまでしてくれました。
獲りたて緑茄子の丸焼きはさつまいものような味で
ほくほく!更にカニまで!

Yちゃんは楽しかった夏の思い出にと、
帰りに自分の使ってないヘアゴム、ネックレス、指輪、を
「まりちゃんへ」「かほちゃんへ」とプレゼントしてくれました。

そして祖母はほぼ1日テレビを観て寝て過ごしてて
マリとカホには想像しづらいかもしれないけど、
私が小学生の頃は庭ですいかやとうもろこし、茄子にキュウリに
メロンにトマトを作ってたんだよね〜

小学生の夏休みは、毎年私一人新潟に送り込まれ、
祖母宅にホームステイ。
草むしりを手伝い、祖母の病院や買い物にくっついて行き、
夜は一緒に蚊帳で寝てました。
そういえば改築前は土間があったのも思い出した。
いくつも並んだ茄子漬けの樽、懐かしいな。
お寺をやってるのでお盆には檀家の人が大勢あつまり
豆を煮たり、一大行事。
さらに静かな場所であるお御堂は
すっかり私を含め近所の子の遊び場になってました。


母は

「長い夏休み、千絵が一人いなくて楽♪
祖母も喜ぶし♪」


と、きっと軽い気持ちで私を新潟へ派遣してたのでしょう。

でも夏の短期新潟ホームステイは私の結構核の部分を
作ってくれた気がします。

kisei2.jpg


富山寄りの祖母宅を後にし、新潟市内へ。
道の駅のような新潟ふるさと村では室内巨大アスレチックや
ガラス工芸体験などで結構遊べました。


阿賀野にある私の好きなスワンレイクビールでは、
レストランが休業日だったのにもかかわらず、
「生ビールが飲みたい」オーラを背中から出してた私に
スタッフの方が同情し、1杯プラスチックコップに入れて
売って下さいました。

「お好きなのをどうぞ。」

と言われて選んだのはこしひかりラガー。

スワンレイクのアンバーエールは美味しくてよく
飲むのですが、
やっぱ新潟ってことでこしひかりを副原料にした
こちらに。

ちょっとほんのり甘い香りがして喉越しさわやか!

最近スッキリ飲みやすいラガーが好きになってきてます。
まあ夏で暑いからっていうのもあるかもしれませんが・・・


そしてスワンレイクビールと言うからにはスワンのレイクが
近くにあります。


くわしくはこちら

今は夏なので白鳥さんたちはこんなにいません。
そのかわりビックリしたのがその一面を覆う蓮蓮蓮!

神秘的な魅力を持つ蓮の花。
ビジュアルから蓮茶、根っこのれんこんまで蓮大好きな私は
興奮して写真を撮りまくりました。


kisei3.jpg

新潟市内でのスケジュールは旦那一任。
去年まで出張で週のほとんどを新潟で過ごしていた旦那は
その景色や美味しいご飯、新潟の人達の優しさにすっかりハマっていて、
張り切って案内してくれたのですが・・・


「ここが万代橋!風情あるでしょ?え?普通?」
「ここが新潟一の繁華街、すごい人でしょ?え?いない?」
「見てみてあの鳥!朱鷺だよ朱鷺!」(←そんなはずは絶対無い)


と普通に街歩きを楽しみたい私にめんどくさい絡み方をしてきました。

宿泊したホテルディアモント新潟では、
子ども達にキッズセット(スリッパ、歯ブラシ、タオル)を
プレゼントしてくれたり、
朝食のバイキングではちゃんと子供用プラスチック食器なども
用意されてたりと子連れに優しい。

みなさんよく知ってるようで、
普通のビジネスホテルにも関わらず
子連れの家族もたくさん見かけました。


あとはビジネスホテルで小さい子連れにオススメなのは

スーパーホテル

のスーパールームとか、

ホテル123

のファミリールームなどですかね。

で、


ホテルをチェックアウトし、一路福島へ。
毎年新潟→群馬経由→栃木、なのですが
今年は新潟市内に寄ったこともあり、
福島経由で行く事に。

猪苗代湖も五色沼も、キャンプや旅行で
何度も来たなあ。

猪苗代観光協会サイト

猪苗代地ビール館の一面ガラス張りの店内から見る
磐梯山の景色を肴に地ビールセットをいただきました。


この地ビールセット、250mlグラスにそれぞれ
ヴァイツッェン
ピルスナー
ゴールデンエンジェル
ラオホ
が入っておつまみつきで1280円だったかな!?

かなりお得です。
(特にラオホ、簡単に言うと燻製ビール、は
久々に飲んだのでとっても美味しかった〜!
キャンプで燻製などやる方には
是非一緒に飲んでもらいたいビールです。)

そしてやはり例年より観光客は少ないらしく、
どうせお金を使うなら!とおみやげなども
いろいろ買ってきました。


心もお腹も満たされ、今度は栃木の旦那の祖母(92歳)の
家へ。

旦那のいとこ頭、"ひできにいに"がとことんマリとカホの相手を
してくれて終始笑いが絶えませんでした。

栃木の祖母宅から車で少し行ったところにある
井頭温泉も毎年欠かせない夏休みスポットで、
今年は温泉施設内のプールで午前中遊び、
午後は温泉、そして私は大広間でカラオケ、という
なんともゆったりのんびりとした1日を過ごしました。


いちご(とちおとめ)を作ってる農家で、
お米も野菜も色々作っている事から毎年帰りには
トランクに乗り切らない程のお米や野菜をもらって帰ります。

夜に祖母宅を出て車で帰宅したのですが、
ちょうど週末で花火開催してる所が多く、
栃木〜東京間で少なくとも4カ所の花火を見る事が
出来ました!

「赤い光ったつぶつぶがたくさん見えた」

とカホもめずらしく文句を言わず後部座席に座り景色を
眺め、後おやすみモード。

無事帰宅し、今年の我が家の夏休みが終了しました。


さ、あとは大量の洗濯をし、掃除をし、マリの夏休みの
宿題の残りをやっつけ、またまた日常生活シフトにチェンジ
していきたいと思います。


ながながとお付き合いありがとうございました。

| 2011新潟栃木ひいばあちゃん巡り , 子連れ国内旅 TRAVEL WITH KIDS(JAPAN) | コメント (2) | 2011.08.21 09:29 |

2011.08.20 子連れオオカミ世界を行くinソウルWEB版更新!

vol.4更新です。
今回はソウルの街一望のソウルタワーや、
チムヂルバンと室内プールが一緒になった施設の
紹介です!

こちらclick!

nanzan.jpg

先日『子連れソウル』のデータを調べて下さったソウル在住
松本さんご夫妻と初めてお会いしました。

韓国の大学で教授をされてるので私は会う前にかなり
緊張したのですが、とてもおもしろく気さくな方で
緊張も一瞬で消え、
楽しいランチ会となりました。

今回の本を作るにあたり、松本さんの協力無しでは
どうにもならなかったのでとてもとても感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。


そして本日、毎年夏の恒例マリカホひいばあちゃんち巡りから
帰宅いたしました。

念願だった新潟のスワンレイクビール

と、あとは途中立ち寄った猪苗代地ビール

を満喫できて幸せでした。


そんな話も追々。


というわけで、子供会役員として明日から
ラジオ体操に繰り出します!

起きられる自信が1%くらいしかない〜〜〜

| 別冊sasakichie.com -nina's blog- | コメント (2) | 2011.08.20 21:51 |
Pagetop ↑