diary

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

2012.08.31 X-girl Stagesムック

hyoshi-thumb-417x584-2674.jpg

本日8月31日発売!

ムックの中でちょろっと私とマリカホ登場です。

そんな様子をニナブロにてアップしてます。

四国日記最終章、ただいま執筆中です〜!

| 佐々木千絵仕事情報 work , 別冊sasakichie.com -nina's blog- | 2012.08.31 09:30 |

2012.08.30 子連れ四国一周ドライブ旅〜桂浜ぜよ〜

17-10.JPG


いよいよ旅も8日目。だいたい通常の生活だと土日のどちらかは
午前中のんびりする日だったりするので、この日も午前中は
のんびり過ごそう!と決めました。
連日朝からフル活動で9日間は夏だし、ムリです。
そんなわけで旦那は洗濯。私は近くのコンビニへおにぎりなどの
朝食を調達しに行き、子ども達と軽く朝ご飯。
テレビ観つつベッドでゴロゴロしてました。

お昼近くにホテルを出発し、まずは高知駅近くの麺房まつみへ。
うどんはもっちもち系で、天ぷらも豪華、なにより子ども達用に頼んだ
"おかかご飯"が絶品でした。でも私が勝手に抱いてる"強いコシのうどん"では
無く・・・「そもそもこっちのうどんて千絵が
思ってる程そんなコシ強くないんじゃない?」と旦那に諭される。

生まれてはじめて讃岐うどんを食べた時(シチュエーション覚えてないけど)
「なんて美味しいうどんがあるんだ!」って感動した覚えがあるんですよね。
単にそれまでふにゃふにゃの家のうどんしか食べた事無かったからかもしれないし
(今みたいに美味しい冷凍うどんも昔は無かったからね〜)
うどんより断然そば派だったから外で食べる時は迷わずそば食べてたし・・・

しかし最近はおいしい讃岐うどんのお店も都内にある。
あごの力が鍛えられそうな程の吉田うどんも好きで、ちょっとコシに対して
ハードルを勝手に上げていたのかもしれません。
きっと讃岐うどんバージンだったら超感動!だったのかもなあ。
私も色々経験してつまんない大人になったものだわ。
って今高知だけど、讃岐うどんに対していろいろ思いを馳せたのでした。

17-1.JPG

17-7.JPG

17-18.JPG

桂浜最高にキレイーーーーーーーー!

白砂、紺碧、松の木、って、ここを日本の景勝地と言わずどこを言う?
岩に体当たりして砕ける水しぶき。ひ〜なんかちょっと感激。

17-11.JPG

キレイなバラには棘がある、じゃないけどこんなキレイな桂浜、
常に波が高い。しかも急に予想外の高波も襲って来るという事でもちろん遊泳禁止。
去年は観光に来ていた子が波にさらわれるという事故が相次いだらしい。
警備の方が常に砂浜で目を光らせ、ちょっとでも波に近づこうものなら
ピピピピーーーーと笛で注意されます。
確かにじっと海を見ていると、引きが強い波が次々真っ白なしぶきをあげて
砂浜を叩き付けてます。見てると手の力が抜ける〜

DSC_0270.JPG

そして桂浜水族館へ。


17-3.jpg

17-2.JPG

17-6.JPG

17-4.jpg

DSC_0271.JPG


かなりこじんまりとした水族館ですが、ザリガニ釣りが出来たり
ウニやヒトデを自由に触れたり、ウミガメエサやり、クマノミタッチ、
アザラシタッチ、ペンギンと記念撮影・・・などなど子供が喜びそうな
体験系イベントが充実してました。
イルカとアシカのショーなんて目の前!とくにアシカは客席の
目の前で芸を披露してくれてビックリ。なかなかいい水族館でした。

17-9.jpg

DSC_0272.JPG

水族館を満喫した後は土佐闘犬センターへ。
我が家にはお風呂にイラスト日本地図が貼ってあります。
ダイソーかなんかで買ったやつで、青森の所にはリンゴのイラスト、
大阪はたこ焼き、など各県の名産イラスト入り。
高知はかわいい土佐犬のイラストが描いてありました。
そこでマリは高知=土佐犬、のイメージがあり、私たちが思ってた以上に
土佐犬への熱い思いがあった様。闘犬は絶対外せない観光だったらしく、
1日に2度程行われる闘犬の試合が既に終わってしまったと知ると号泣!!
「イルカのショーよりこっちが見たかったのに!!!!」だって。
試合会場や闘犬の歴史、土佐犬の子犬を見学したもののマリの気持ちは
収まらず、youtubeで動画見つけてみせてあげました。
何やってんだか・・・
さらに桂浜に行ったくせに龍馬系は全てスルーで帰宅。
次回高知へ来るときは、闘犬と龍馬を攻めようと心に決めました。

DSC_0273.JPG

夜はゆっくり食べたい気分だったので、前日のひろめ市場をあきらめ
ホテル近くの居酒屋たたき亭へ。
塩たたきに土佐巻き、美味しかった〜。
子供たちもお絵描きしたりジュース飲んだりとゆっくり晩餐。
食後はこれまた歩いてすぐの中央公園へ行き薄暗い中ひと遊びしました。
よくべトナムやタイなど暑い国だと、夜遅くまで公園に人が集まり
子供もたくさん遊んでるのを見ます。でもそれが身にしみてわかる!
朝9時過ぎからもう暑過ぎて公園でなんて遊べない。
滑り台で目玉焼きが焼けました〜とか言えそうな程。
だからこうして暗くなってようやく、外遊びに繰り出す気力が出るんですね。
マリカホ以外にも数組、親子連れが来て遊んでました。
そうは言ってもまだまだ暑くて汗だくになってましたが・・・

さ、いよいよ明日で最終日。
なんと高知から一気に神奈川まで行っちゃいます。
旅日記の後は四国旅の感想や他に行きたかったあんなところや
こんなところのご紹介など出来ればと思ってます!


| 2012子連れ四国一周ドライブ旅 , 子連れ国内旅 TRAVEL WITH KIDS(JAPAN) | コメント (2) | 2012.08.30 08:19 |

2012.08.29 ニナブロ更新

四国旅行桂浜編を今執筆中でございます。
その間こちらでもご覧下さいませ〜

昨日のお弁当撮影の様子です。

ニナブロ

| 日記 | コメント (2) | 2012.08.29 08:53 |

2012.08.27 子連れ四国一周ドライブ旅〜高知で美術館はしご〜

16-1.JPG

朝しまなみ旅館をチェックアウトし、天気最高の中
瀬戸内海の海や小島を見つつドライブ〜♪
あまりに気持ちいいため瞳孔開きっ放し。多分。
朝はコンビニでスティックパンを買い、ブランチとして
来島SAでうどん!
あとは四万十海苔コロッケ(確か)。SAのうどんって言っても美味しかった☆
最近はSAが充実しすぎててすごいですよね。観覧車とかまであったり・・・
ついつい長居しちゃいます。

sikokuamap.jpg


今回「四国一周!」とかデカイこと言ってるわりに、
四国君(ちゃんでもいいけど、あ、もちろんさんでも。)
の"足"部分である足摺岬や室戸岬はバッサリ諦め、
さらに四国と言えば?で上位5位には入るだろう"四万十川"すらも
行かなかったんです。
四国氏の背骨然と通っている高速道でひたすら移動。NEXCOサイト
どの道もすいすいゴーカート状態で、四国内は9割私が運転。
(昼にビール飲みたい時だけ旦那に交代してもらった。)
高知道はトンネルが多く、マリオが土管に入った。出た。入った。
というイメージで運転してました。トンネルの照明はコイン。


16-13.jpg

16-7.JPG


16-8.jpg


16-2.JPG


伯方島から高知市内まで2時間半くらいで到着。
まずは横山隆一記念まんが館へ。
今回の旅行でおなじみつきまる雑貨店のあいこちゃんおすすめスポット!
横山隆一先生と言えば"フクちゃん"でおなじみ。
明治生まれの先生という事で、先生の歴史が日本の近代史、漫画史そのもの。
旦那も興味津々、子供も楽しめる様にのぞき窓や昔のかみしばいを動かせたり、
引き出しをあけると原画が展示してあったりとユニークでした。
漫画以外にも珍コレクション(川端康成の胆石とかトキワ荘の壁とか!)も笑えたし、
再現されたアトリエや自宅内にあったというホームバー(酒瓶だらけ!)など、
生き方そのものがカッコいいなあと思いました。
別のフロアーでは企画展、まんが館のエントランス部分には
大量の自由に読める漫画などもあり、なんとも贅沢な空間でした。


16-3.JPG


16-9.jpg

まんが館にポスターが貼ってあり急遽行く事になった高知県立文学館
最近特にこどもたち、こびとづかん
ハマっていて、最初「気持ち悪いからお父さんの前で観ないで!」と言ってた
旦那までも、毎日毎日まめにこびとのふりしてトイレットペーパーを三角折り。
こびとづかんが流行り始めたのはもう2年くらい前?
廃れることなく流行ってる、というかもはや日本の子供の成長過程において
必須科目、定番種目になった感すらあります。

アンパンマン期

戦隊ものorプリキュア期

こびとづかん期

ポケモン期?


って感じで。そのくらい作り込まれてハマる世界ですよね。
文学館にも小学生くらいの子供がわんさか居ました。
もちろん大人も夢中。

16-14.jpg


あなたもこびとになれる!顔ハメパネルもあった。(私もこびと風表情)


16-10.JPG


作者のなばたさんに手紙を描こう!コーナーにて。


16-11.JPG


「いえの、トイレをみたらさんかくおりでした。いるんですか?」


ぶぶぶぶっ(笑)

カホ、毎朝毎朝「こびとが出たーーー(涙)」と怖がってるので
作者にいるかいないか聞きたかったんですね。
笑いをひっしにこらえて対応しましたよ。

16-4.JPG

高知文学館の後は街のメインエリアにあるおみやげショップてんこすにて高知特産おやつを買い込み
ホテルで一休み。
高知で2泊するホテルはこちらオールウェイズ
エントランスは薄暗くて一瞬失敗した!?と思いましたが、
フロントの方も親切で、お部屋も広めで立地も良く、何より安いので
良かったです。
(チェックアウトしてから帽子を忘れてましたよ!(マリの)と
 電話を下さり、既に徳島にいたので郵便でわざわざ送ってくれました。)

16-5.JPG


数時間ホテルで休憩した後、商店街を散策しつつひろめ市場へ。
なんといっても高知の目的は"カツオの塩たたき!"。
カツオを藁焼きするパフォーマンスもやっていて熱気がすごい。
(一応建物内はクーラーが効いてたけど)
顔を真っ赤にしてお酒におしゃべりに、って楽しんでる観光客風の人や
地元の人がいっぱいで、ホーチミンのビアホイや、チェンマイの
ナイトバザールにでも来たかの様な高揚感。
こういう雰囲気は旅先ならでは!


16-6.JPG


16-12.JPG

は〜しあわせ。
マリはサーモンの炙り寿司をもりもり食べ、色んなお店で
好きなものを買って食べられるので海鮮から野菜炒めなど
好きずきに食べました。(カホは・・・スケッチ参照)


高知一日目、これにて終了♡

| 2012子連れ四国一周ドライブ旅 , 子連れ国内旅 TRAVEL WITH KIDS(JAPAN) | コメント (6) | 2012.08.27 08:54 |

2012.08.26 子連れ四国一周ドライブ旅〜伯方島で海水浴&サイクリング〜

15-1.JPG

暑くなりそうだったので洗濯物をしたらすぐ、車で数分の伯方ビーチへ。
マリカホと海に行った事は結構あるけど、水着をちゃんと着て泳ぐのは初!

15-6.JPG


わーい!海だーーー!


15-8.jpg


ゾウの滑り台がある!!!


15-7.jpg

白浜に透明な海、おだやかな波と海水浴にぴったりなビーチ。
最初「海水浴ってベタベタするし砂洗うの面倒じゃない?」と
難色を示していた旦那もそんな素敵ビーチを目の前に大張り切り。
子ども達もテンション上がり、
早速ぞうの滑り台を滑る・・・・・・と

15-0.JPG


なんと海に入ってものの数分、カホ、「お尻が痛いーーーーー!」と号泣。
まさか、、、そう、クラゲでした。
波打ち際でゴミや死んだクラゲを集めていたおじさんに話し、
事務所で薬をもらい、落ち着いたカホ。
(でもお尻恥ずかしくて見せたくない!と隠れて私に塗ってもらう。)
ちょっとミミズ腫れみたいになっただけでそれ以上酷くは
なりませんでした。ホッ。

もちろんカホはその後海断固拒否。
旦那がいっくら「ここにクラゲもう居ないって、刺されることなんて
ほとんど無いんだから!」と励まし?ても、
「大人の言う事なんて信用しない」とばかりにムシ。
一方マリは、ビビリだと思ってたのにかなりレベルアップしていた!
浜から20メートルほど沖に行ったところにブイの人工島のような物が
設置されていて、足なんて大人でもつかない水深だから私ですら
怖いのに、旦那と一緒に浮き輪ですいすい島へ。
さらにその島からジャンプしたり、1人でも浮き輪で泳いで行ってました。


15-9.JPG


33年間かなづちだった私は、もう浮き輪してようが足が着かないだけで
パニック!スイミング始めて4年、海の方がプールより
体が浮くなんて理屈ではわかってるし、距離的には
泳げるとは思う。わかってる、わかってる、でも
できなーーーーい!
人工島まで浮き輪無しじゃ精神的にムリ!
だから隣で島から思い切りジャンプして飛び込むマリが輝いてみえました。
以前なら「怖い!お父さんなんで手離すの(怒)??もうヤダーー!」って
絶叫してただろうに・・・


15-2.JPG

最終的には私が拒否していた"浮き輪無しで自力で島まで泳ぐ"という
旦那の提案を、マリがすんなり遂行してしまった。
なので私もものすごく怖いけどやってみることに。
なんとマリが浮き輪でちょい先を泳いで先導してくれました・・・
「お母さん!怖かったらマリにつかまっていいからね!」だって。


15-5.JPG


結局カホは昨日の練りきりとお茶を日陰で食べてお茶タイム。
その後砂浜で貝殻を集めたり砂で家を作って過ごしてました。
マリは泳ぎまくり!私も足が着かない事にちょっと慣れて、何度か
島を往復して泳ぎました。マリ同様、私も海で泳ぐの人生初だ〜

15-14.JPG

15-15.JPG

15-00.JPG


シャワーを浴びて伯方の塩ソフトを食べた後は
伯方の塩ラーメンのさんわへ。
貝たっぷりのお茶漬け、伊予の貝飯がめちゃくちゃ美味しかった!
ラーメンも美味しい。媛っこ地鶏餃子
ビールにピッタリ!!


15-16.jpg


ズズズズズッ♪


15-4.JPG


部屋に一旦戻り休憩タイム。
ちょっと涼しくなってきた夕方から再びマリンオアシス伯方へ行きレンタサイクル!
伯方・大島大橋を往復。

15-11.jpg


15-13.jpg


15-17.jpg

今治まで行けばサンライズ糸山で18インチの自転車がありそうだったけど、カホがすんなり
「お父さんの前でいい〜☆」って言うので伯方島でのサイクリングにしました。
気持ちよく走った後は駐車場の横にあった小さな公園でひとあそび。


15-10.JPG

その後伯方島をドライブで一周

15-12.JPG


昔から潮の流れが激し過ぎて船が折れたという難所、
船折瀬戸で海を眺める。
本当に海が深い緑でぐるぐる潮の流れが見えた。しかし"最強時刻"って(笑)


15-3.JPG


夜は昨日海の幸を堪能したから・・・と島のパンフレットを見て
お好み焼き風へ。

15-19.jpg

15-18.JPG

畳の座敷でサッカーの試合を見つつ、
美味しいお好み焼きや納豆ご飯やみそ汁でのんびり夕飯。
ん〜いい時間。

あまり下調べもせずに宿を伯方島にとったけど、
結果的に小さい子連れには大正解。また夏に伯方島に来て過ごしたい!と
思う程、ゆったりとしてキレイな島でした。

さ、明日は高知をめざします。
家族全員9時過ぎには御就寝〜〜〜♪おやすみなさい。

| 2012子連れ四国一周ドライブ旅 , 子連れ国内旅 TRAVEL WITH KIDS(JAPAN) | コメント (2) | 2012.08.26 10:10 |
Pagetop ↑