diary

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

2015.10.09 ジジ連れ冥土のみやげ旅inパリ 発売!

こんにちは。2015年10月9日の本日


jiji-co.jpg

コミックエッセイ ジジ連れ冥土のみやげ旅inパリ (祥伝社黄金文庫)


発売になりました。

この本は突然の病気&手術になった父が
「死ぬまでにルーブル美術館に行きたいなあ」
と言っていたのを思い出し、

父子パリ旅行を計画したら、
なぜか伯父も一緒に行くことになったという
爺(ジジ)連れパリ旅行漫画です。

ほぼ実話。

nina's blog
一部連載していたのですが、
本ではさらに詳しく、内容たっぷり約290ページと
なってます!

素敵なブックデザインはヤマシタツトムさんです!!

jiji-map.jpg


ざっくり行ったところmap


jiji-mokuji.jpg


もくじです

jiji-123.jpg


アラ古希(アラウンド古希)の爺(ジジ)2人を連れて
美術館巡りや


jiji-149.jpg

ごはんの話

jiji-157.jpg

海外慣れしていない父の小ネタやフリープランの
日程をどのように組み立てたかなどちょっと
具体的な話まで・・・


でも自分で自分の本がどんなものかと説明するのって難しいです。
のでお世話になっている編集者くらっピが感想を書いてくれたので
ちょっと紹介しちゃいます。

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯


こんにちは、くらっピです。

今日は新刊のご案内。
ニナブロでもおなじみのイラストレーター佐々木千絵さんの
実体験を元にしたコミックエッセイ、
その名も『ジジ連れ冥土のみやげ旅』!!
タイトルに衝撃です。。
ニナーズ11月号のカルチャーページに書評が載ってますので、
是非そちらもチェックしてくださいね。

私は読んでる途中で涙が出そうになりました。
決して悲しい話ではないですよ
佐々木さんとは同じ年なので、恐らく両親の年齢も近いはず、、、
自分の身に置き換えて読むと、
何も親孝行できてないなと思ったのです、、、

先日某公演を見に、両親が上京してきたときのこと。。
わたしが上京してもう20年近くたちますが、
はじめてうちのアパートに泊まりました。
小さな部屋に3人もいるとギュウギュウ。
父は若い頃海外へ行ったこともあり、割と行動派なのですが母は真逆。
駅からわたしのアパートへの行き方もなかなか覚えられず、
ちょっと歩くとすぐ疲れてしまいます。
前に母親から「いつまでもわたしたちが若いと思わないでね」
と言われたときはすぐに実感はわかなかったけど、
東京で会う両親はいつにもまして小さく感じました。

海外は怖いから行きたくないと言っていた母。
でもエジプトのピラミッドは見てみたいと話していたので、
いつか連れていってあげたいと思っていたけど、
治安が不安定に...。
その次に行きたいといっていたのはベトナムのクチトンネル。
これなら連れていってあげられる! 
しかもことばも通じるし(癖は強いけど)、
バイクで移動できるので、
ベトナムは疲れやすい母親にはとっておきの国だなと思ったのでした。
もし実現したら、裏ニナーズで『母連れパッカーのベトナム旅』を
書きたいと思います。

『ジジ連れ冥土のみやげ旅』は、パリならではのエピソード満載です!
帯の裏に描かれてるのですが、「爺ズは歩く現金...」とあって、
確かに日本人は現金をたくさん持ち歩いているイメージ! 
自分が両親を海外に連れていくことがあるなら、
現金、カメラはすべて私が預かる
(パスポートは国にもよりますが、基本ホテルに置いていく派)!

佐々木さんならではの旅先で快適に過ごす技も満載です。
『ジジ連れ冥土のみやげ旅』は10月9日発売!
現在予約受付中です

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯


元記事はこちら

気になった方はぜひ、本屋さんで探してお手にとって
みてください。


この本の発売と連動し、イベントなども考え中ですので
お楽しみに。

下記でもいろいろ更新中↓↓↓


Facebook

Twitter

Instagram


*コメント欄ですが、営業スパム投稿が多くなり
一時的にやむなく閉鎖しました。
お返事まだだった制服で入学式行った方や、コメントしようと
思ってくださった方、ごめんなさい!!

| 「ジジ連れ冥土のみやげ旅inパリ」 , 佐々木千絵仕事情報 work | 2015.10.09 08:36 |
Pagetop ↑