diary

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

2013.01.30 子連れ台湾〜変身写真(夢工場)〜

タイ、べトナム、台湾、韓国・・・

子連れで海外へ行くと必ずと言っていい程


『現地民族衣装コスプレ写真』

を撮っている我が家。
ほんとに物好きね、台湾ではなんと三度目。

1度目の日記
2度目の日記


何かやり出したら止まらなくなってですね、
こうなったら子供に嫌がられるまで続けてやる!と
勝手に決めてる私です。
というわけで
今回も行って参りました。

5年前と去年は、薇閣数位影像館
という写真館(お試しコース)


今回は違う場所で試してみよう!と夢工場という所で
撮影して来ました。
(家族コースに、1名プラス)

まず日本からメールで予約しておき、
当日直接お店へ。


雑居ビルの2階、入り口入るといっぱいの写真!
日本からの取材も多いみたいですね〜

あ、夢工場のフェイスブックページに家族写真もいっぱいあるので
もし検討してる方いたら参考になるかも。


yumekojyo-3.JPG


yumekojo-1.jpg

既に2組の日本からのお客さんがメイク中。
日本語堪能なかわいいスタッフが衣装や
メイクの雰囲気など説明してくれて、
順番に衣装選び。


yumekojyo-2.jpg

ちょっと待ち時間があるとアイス出してくれたり
お茶出してくれたり。

yumekojyopanorama.JPG


〜カホが勝手にiPhoneのパノラマで撮影してた待合室の全景〜

まずは子ども達から。変身!!


yumekojyo-6.jpg


かーなーり丁寧にスタイリングやメイクをやってくれました。
「爪ぬる〜?」と、ネイルまで!!

yumekojyo-mari.jpg
yumekojyo-kaho.jpg


ま〜女だね、ウッキウキで鏡見てました。
まだ子ども達が赤ちゃんの時は

ぐずらないうちに終わらせよう!


と時間勝負でしたが、今じゃマリカホの方がノリノリ。


マリカホ終了後、私の番。


私がやってもらってる間、子ども達は
手持ちのカメラや携帯でいっぱい写真を撮ってもらってました。
(スタジオ内じゃなければいくら撮ってもいいみたい。
 気前いい!)

yumekojyo-12.jpg

さ、髪型やメイクがどんどん盛られていきます。

知ってるの、私、

化粧濃くすると

デーモン閣下に

なる事を!!


「え〜こんなまゆげゴリゴリ描いて面の皮もあっつく
 塗っちゃって、唇てっかてか!!!自分の顔ながら
 きもちわるいっ!!!」


と思わずにはいられないけど、
無問題。

それ以上にヅラや衣装や背景が激しいわけですから、
化粧の濃さなんて気にならない。

つけまつげ2重につけてもらい、
ウイッグやヘアアクセサリーでデコ人間に。


ほぼ90%待ち時間だった旦那も着替えた後
ちょっと髪の毛をかっこよくしてもらい、
いざスタジオへ!

若いカメラマンさんが家族4人
夫婦
子供

と色んなショット&ポーズで写真を撮ってくれました。
あまりに恥ずかしいポーズ、例えば夫婦で
みつめあう。だとか、小首かしげて手を顔に添える。なんて
ポーズももう照れずに出来る私。
無駄に変身写真慣れ。


yumekojyo-5.JPG
yumekojyo-7.JPG

撮影無事終了!
他のお客さんも帰り、スタッフのみなさんも余裕が出来たらしく
マリカホをおもちゃに遊び始めた。

ウイッグ付けたりリボンつけたり、
「わ〜これにあうよ、これもつけちゃうよ!」
「ねえねえゲームするぅ?おもしろいよ〜」
と本気で相手してくれてました。

最後には
「何かききたいことありますかー?」
「べつに写真のことじゃなくてもいいよー、たとえば
 美味しいおみせのこととかー。」

って!


この日の何だかんだでお店に入ってから
出るまで4時間近く時間がかかりました。

でもメイクスタッフ2人は本当にかわいくて
気さくで楽しかったし、マリカホもそんな事から
飽きずに過ごせたので良かった〜と思いました。

hensinphptp-1.jpg


〜後日送られて来たアルバム〜

うん、やっぱりいい記念になるね。
お母さんなんてしみもしわもほくろまで無くなっちゃって!
まるで別人。ぐふふ。

お子さんが小さい、もしくは男の子とかで
撮影にあまり興味が無い、旅の日程上時間をあまりかけたくない。
という場合は薇閣数位影像館のお試しコースをおすすめします。
アルバムは無いコースだけど値段もリーズナブルだしね。

ちょっと時間かかっても、丁寧にヘアメイクしてもらいたい。
という場合は衣装も多めだった夢工場がいいと思いました。

あとは友人ようちゃん夫妻が試していたMagic.sは洗練されてて、センス良さそう。
本気の変身写真ならここいいのでは!?という印象。


旅々台北の一覧表が子供の衣装の有無などもわかり
見やすいので、検討される方はご参考にどうぞ〜

こちらです


| 2012-3子連れ台湾9日間 , 子連れ海外旅 TRAEVL WITH KIDS(ABROAD) | コメント (2) | 2013.01.30 10:05 |

2013.01.26 子連れ台湾〜キティジェットにキティカフェ〜

今回の台湾旅行、キティ率高し。

往復の飛行機は安さのみの理由で
エバー航空のチケットを取ったわけですが、


なんとキティジェットだった!!

キティジェット公式サイト
(音でます、ブログ作成中ずっとこの歌聞いてたらもうソラで歌える様に。)


そういえば話には聞いていたけど、
もうとことんキティ!
キティに出来るところは全部キティにしたぞオラ!っていう
気迫十分。
ポケモンジェットにも乗った事あるけど、
あの比ではない。

kitty1.jpg

kitty9.jpg
kitty7.JPG
kitty6.JPG
10345_4001921817403_266704638_n.jpg
kitty8.JPG


すごい。
いい写真が無かったので詳しく載せてませんが、
機内食も相当キティ。

カトラリーはもちろん、爪楊枝入れやおしぼり、ナプキン、
食事が入ってるプラスチックの蓋にもプリントされてるわ、
サラダのかまぼこまでキティだよーーー!

今回マリカホにチャイルドミールの希望を出さなかったんですが、
チラッと見えたチャイルドミールは半端無かった!!


いや、別にキティちゃんファンでは全然無いはずでしたが・・・
めちゃくちゃテンション上がりました。


やっぱり世界で支持されてるだけあって、

人を惹き付ける才能持ってるわこの子。


最近ではその仕事選ばないっぷりまで評価されてるもんね。
クールビューティーな表情と裏腹に、かなり体張って頑張ってる。

私がこれだけ興奮してるのですから、マリとカホなんて
さらに大喜びですよ。

子連れで海外へ行く時の最大の難関、"飛行機での過ごし方"ですが、
まあもう7歳と5歳にもなれば全然無駄に泣いたり騒いだりしないので
気楽ですが、このキティジェットのお陰で更に楽しい空の旅になりました。


これだけでも充分キティ感強い旅となるのですが、
もう一つ、今回はHello Kitty SWEETS
にも行って来ました。


2010年の夏に、マリとカホを連れ2週間ソウルに滞在しました。
その時に時間あるからと弘大にある
Hello Kitty Cafe
行ったんです。

3歳になりたてのカホは、
たまたまはいていた

私手描き(油性ペン)のキティパンツ


をお召しになられていて、
ソウルギャル相手にそのパンツを見せびらかすという
親の私の考えが及ばない行動に出たんですよ。


その時の様子は『子連れソウル』p78でも描いてるんですけどね・・・
↓↓↓

seoulkittycafe.JPG

周りに座ってた人たちみんな爆笑で、
カホは「笑いを取った!」という事でかなり満たされたみたいです。

(人間の欲求って色々あるけど、
「笑いを取った!欲」っていうのも確実に存在しますね。)


そんなわけで子ども達の中で「キティカフェ」は
かなり楽しかった旅の思い出としてインプットされており、
今回台湾にもあるよ、と言ったら「絶対行く!」と
必須スポットになったのです。

kitty2.jpg


私は夕方、お茶するつもりで行きました。
しかし店頭で店員さんに


「1人さま300元(約900円)いじょーの
ごちゅうもんになりますがよろしいですか?」

と聞かれ、「よろしくなかったです。」とも言えないので
入店。

デザートに1人900円かけるならいっそ夕飯にするか!
と、マリとカホはパスタとハンバーガーのコースに決定。

400元くらいで飲み物からサラダ、パン、スープ、メインとデザートが
ついてくるのでそんな「高すぎる!」という印象は無かった。
(台湾での食事って考えると高いけどさ)
味はそこそこ美味しかった、って感じです。


私は・・・・

アルコール無いし、ここでお腹いっぱいにしたくなかったので
ぐっと我慢の子でした。
(帰宅途中に水餃子と臭豆腐テイクアウトしてホテルで食べた。)

カホが飲みたいと言ったアイスココアかな、それを注文。


(実はアイスココアは300元以上じゃなかったのですが、
ディナーセット2つ頼んだからか、おとがめ無しでした。
要するにドリンクだけは駄目だよって事なんですかね。
いろいろ調べたら以前は予約制だったみたいだけど
2012年12月末の時点では予約無しで大丈夫でした。)

kitty5.jpg


台湾でキティ

何で日本にもあるのに?って思うけど、
海外で見る日本のキャラってまた違う感動が
あるんですよね。

ちょうど台北ではドラえもん誕生前100年特別展が行われてるので
街のあちこちに宣伝ののぼりみたいなものを見かけました。

ここは川崎市じゃなく台北市なのに。

日本産の日本のキャラが海外で市民権を得てるって
やっぱりちょっと感動。

ポケモンはもちろん、宮崎アニメ、ゲームなどなど
海外の人と話する時、これらは日本の文化としてすごい財産ですよね。
(そんな海外の人と話す機会も無いし、日本語以外話せないけど^^;)


絵を描く者のはしくれとして、
偉大なる先輩方をとっても誇りに思います。


なんて事も思った、台湾でのキティちゃんのお話でした。

| 2012-3子連れ台湾9日間 , 子連れ海外旅 TRAEVL WITH KIDS(ABROAD) | コメント (4) | 2013.01.26 14:55 |

2013.01.22 子連れ台湾〜問屋街(華陰街)〜

今回は子連れといいつつ
私一人のフリータイム!!

旦那と子ども達がホテルで休憩中に
ホテル近くの華陰街を散策!

wakuwaku.jpg

華陰街とは、多分台北最大の問屋街。

何の問屋街かというと・・・


色々!

●アクセサリー(とっても多い)
●梱包商材(プラスチックバッグや紙袋とか)
●洋服や帽子
●カバンや靴
●瓶や食器類
●中国の飾り物
●文具
●おもちゃ

などなどなどなど。

あまりこのあたりのマップなどガイドブックにも無いので、
とりあえずいろいろ歩いてみよう♪

taipeitonyagai1.jpg
taipeitonyagai2.jpg
taipeitonyagai3.jpg

人がいっぱい!
ファション系は特に心に響くものは無かったけど、
賑わっていた帽子屋さんはフエルトのジョッキー帽などが
充実しててかわいかった。


アクセサリーも折りまくり!

*折りまくりとは

(中国語で割引を『◯折!』って現すんですよね。
例えば20%引きなら『8折』、要するに8掛けって事。
だから『1折』って書いてあったらなんと9割引〜!

昔友達と中国へ旅行した時、セール時期だったからか
街中『◯折』『◯折!』『◯折!!』
で溢れてました。
友達みんなで「折りまくりだね〜」と言っていたことに由来。
「値引きしまくり〜」という意味。)

マリカホが喜びそうなヘアアクセサリーが「1折!」(9割引ですよっ!)
なんてのもいっぱいあり、これちゃんと見出したらいくら
時間あっても足りないなと思いました。


安くいグラスや瓶を売ってるお店も結構あったけど、
フラウに載っていた"瓶瓶罐罐"というお店が楽しかった!


化粧品から薬などの容器、容器、容器、容器、がいっぱい!
試験管とかね、お得意の買って何に使うか不明だけど欲しい!って
物がいっぱい。
もう子ども達もおもちゃ口に入れる年齢じゃ無いので、
病院ごっこなどで使えそうな薬のカプセル(かわいいの!)大袋や、
プラスチックの試験管などなど買い込みました。


地下には包装グッズがたくさん。


ふう


長安西路にある"一東玩具"というお店は、雰囲気ドンキホーテ。
1階はパーティーグッズがいっぱい売っていて、
2階、3階とパズルやプラスチックの刀、バトミントンなど外遊び系の
おもちゃ、カラフルな風車など品数がすごい!

なんかいっぱいありすぎて焦って結局何も買わなかったけど、
おままごとグッズなど激安だったんだよね。
買えば良かったなあ。

文具のお店や梱包商材のお店、帽子のお店なんか
メモってたんだけどそれを紛失。
ザックリマップを描いてみました。

tonyagaimap.jpg

そして問屋街ときたらやっぱり手軽なグルメのお店も
多く集まってると相場は決まってるようで・・・


美味しそうな屋台などもいっぱい出てました。

大通りの市民大路からすこし入った所にあった麺線の屋台、
賑わってたし食べれば良かったな〜
(ちょうどお腹いっぱいで諦めたんです。)

マップ中心あたりにある"福元胡椒餅"、有名台湾B級グルメな
わけですが、ここのは本当に美味。
肉汁が熱々で、外側の皮は炭火の香り、そしてパリパリ!
ごろっと入ったお肉とたっぷりのネギ、あーうまい。


食べ歩きの至福。

このお店の道路を挟んだ向いには、
なんと晴光市場での人気店、


脆皮鮮奶甜甜圈!
(全くもって読めないけど)


わ、嬉しい、これ去年マリカホ1人1つペロリと
食べていたんだよね。
原味(プレーン)20元を3つおみやげに購入。
揚げドーナツなんだけど、軽くてサクサク。
こちらも出来立ては更に美味しい!


胡椒餅を食べたあとにこちらも早々に胃袋へ・・・

この"華陰街"、布や手芸商材の市場"永楽市場"とも
近い。
ちょうど永楽市場と華陰街を結ぶように通っている
延平北路一段という通りも問屋がいっぱいあるみたいですね。


もし単身で台北に来ることがあるとすれば、
絶対この界隈に宿を取る!

あ、そろそろ時間かな。
おみやげを持ってホテルへ急いで戻りました。


| 2012-3子連れ台湾9日間 , 子連れ海外旅 TRAEVL WITH KIDS(ABROAD) | 2013.01.22 23:16 |

2013.01.21 子連れ台湾〜富錦街〜

今回初めて訪れた富錦街。
前回の日記で散策した青田街同様緑が多くて気持ちのいい街。

こちらは以前米軍が街並を整備したらしく、
言われてみれば古いアパートメントとグリーンの共存がそんな雰囲気。

台湾でこんな景色が見られるとは思わなかった〜。

カフェやセンスのいいセレクトショップ、デザインスタジオっぽい部屋も
ちょいちょいあり、代官山〜中目黒、っていう感じのエリア。


fujin-2.JPG
fujin-4.jpg
hujin-1.JPG
fujin-5.jpg
fujin-6.jpg
fujin-7.jpg


素敵ね〜なんて写真を撮っていると・・・


kenkaboppatu.jpg

姉妹バトルが!!

あーほんとに喧嘩しないで過ごせないもんかね・・・

とちょっとげんなりしつつ、富錦街で1番のお目当て
Fujin Tree 365


fujintree3.jpg
fujintree1.jpg

ここはイラストレーターのおおのきよみさんが、カメラマンの旦那様と
展示をされたお店なんです。

台北ナビにも記事が。


さきほどリンクしたfacebookの記事を見ていただけたらわかりますが、
置いてあるものが全部かわいい。
スタッフのみなさんももちろんかわいい。


mihosan.jpg


美味しいお店なんかも色々教えてくれて、
楽しいひと時でした。

いいものも買えたし♪

その後「おじさんたちがひたすらぐるぐるまわってる公園がある!」
ときよみさんが言っていた民権公園へ。

minken8.JPG
minken6.JPG
minken7.JPG
minken5.JPG

わ〜!ホントだ!

整備された広い公園。
トラックをおじさんやおばさんが黙々とウォーキング。
ぐるぐるぐるぐる、歩いてる〜〜!!


マリとカホも一緒になってウォーキング。


トラックの中ではのんびりゲートボールを楽しむおじさん。

いい景色!!

minken4.JPG
minken3.JPG
minken2.JPG
minken1.JPG


わ〜ブランコもある〜〜!!
と遊具コーナーへ。

ブランコと、木馬?犬?恐竜?の乗り物など
ちょっとした遊び場もありました。

しばし公園タイム。

一通り遊んだらきよみさんもみほさんもオススメの
微風山丘へ。

ここはパイナップルケーキの有名なお店らしく、
どうやら試食出来るコーナーがあって、それがカフェみたいな
雰囲気だとか。

お店の前まで来ると・・・

すごい!

知らなかったらおしゃれな賑わってるカフェ。
試食なんて本当にでき・・・とお店に入ると

「試食できますよーどうぞー!」


と席に案内してくれました。


しかもマリにもカホにも!

更にお茶まで!

ラッキー!!


おトイレを借りましたがこれまた広くてかっこいいトイレでした。
別に試食したから買って帰れよ、的な空気は全く無く、
(そうは言っても一箱買ったけど)
富錦街あたりを散策するならお茶&トイレ&買い物がてら
寄ってみるのもいいかも。

(あ、マリカホはここのパイナップルケーキあまり口に
 あわなかったみたいです。繊維がたっぷりでパイナップルの
 素材を生かした味だったのでね。)


お店を後にし、目の前に広がる民生公園へ。


fujinkouen3.JPG

fujinkouen1.JPG
fujintaisou.JPG

遊具が充実していてここでも結構長い時間遊びました。
それにしても台北市内は公園がおおく、
どんな小さな公園でも
ウレタンマット?が敷いてありきちんと整備されてますね。

いいな。


広場では毎日行われてるのか、わらわらと人が集まって来て
健康体操みたいなものをやってました。
カホも真似っこ。


DSC_0233.JPG
DSC_0282.JPG


かわいい犬もいっぱいいた。


fujingai1.JPG
fujingai.jpg


もっともっと歩いてみたい街でした。
美味しそうなお店もいっぱいあるみたいなのでね〜。


hujingaimap2.jpg

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

今回の旅で軽くて、シワになりにくく、着やすい、すぐ乾く、と
子ども達ほぼ毎日着ていたつきまる雑貨店さんの洋服『OMIYAGE

セールが始まりました〜と店主からお知らせが。


48422902_th.jpg49981641_th.jpg
49983827_th.jpg49552164_th.jpg


この辺、私とマリカホのお気に入りです。

こちらから気になった方は是非どうぞ〜♪

| 2012-3子連れ台湾9日間 , 子連れ海外旅 TRAEVL WITH KIDS(ABROAD) | コメント (2) | 2013.01.21 12:45 |

2013.01.18 子連れ台湾〜永康街と青田街〜

美味しいものいっぱい!
台湾を訪れた事ある人なら必ず立ち寄るであろうスポット永康街。

今回おおのきよみさんが
永康街の一歩奥、青田街も古い日本の家屋が残っていて散策にオススメ〜と
教えてくれたので早速かき氷とスムージーで有名な思慕昔〜台北ナビ〜でマンゴーかき氷を食べ、
てくてく歩き始めました。


(今台北ナビの12%オフクーポン気付いた!あらら)


mangokakigori.JPG

冬の時期って美味しいマンゴーの季節じゃないから、
こだわりのお店はマンゴーかき氷出してないんだよね。
でもやっぱりいちごやキウイのかき氷よりも、

冷凍だとしてもマンゴーかき氷が食べたい!

このお店は年中食べられる。
レジで一応「冷凍だけどいい?」というような事を聞かれます。


omake.JPG


「happy new year!」とマリカホを見た店員さんが
マシュマロをくれました。
やった☆


kakigoritaberuyo.jpg

何が原因だったか、ずっとマリご機嫌斜めどころか真逆で、
お店に来た時もムスッとしてました。
でもマリ大好きなマンゴーたっぷりのかき氷を目の前に、
ウキウキが隠せずすっかりご機嫌元通り。


eikouaotamapnew.jpg


〜ざっくりマップ〜

地図の上から下の方へ歩いて行ったのですが、
"元永康15"って書いてある所、
その前が確か"ICE MONSTER"だったんだっけ?
今回(2012年12月)相変わらずの黄色いお店は
目立っていて、人で溢れてたけど店名が"思慕昔"って
なってた。買い取ったのかな?


と思いつつ永康公園へ。


eikokoen1.jpg


うんてい大好きマリ。


eikokoen2.jpg


遊び方がいまいち分からない遊具で慌てるカホ。


去年も、そしてマリ1歳の時に来た時もここでひと遊びしました。
この近辺はグルメ街だし、
小さいかわいいお店がちょこちょこあるので、
旦那と交代で街散策するってのがいい。

ちなみにマップ左上の"永業書店"は、
文具好きな人&子供と来た人に行って欲しい!

誠品書店にも文具いっぱいあるけど、
洗練系ステーショナリー。

一方(?)カルフールなどのスーパーにも文具あるけど、
こっちはドラえもんやリラックマ、ディズニー系など
キャラ系多し。

で、この"永業書店"は小学校の前ってこともあり
ローカル感たっぷりでツボ刺激されまくり。


bunguyasan.jpg

地下フロアもある。
小学生が使うノートや、子供銀行系"元の札"
(日本じゃあり得ないリアル紙幣風)
工作グッズや紙類、安い文具がいっぱーい!


taiwanbungu1.jpg

子供のばらまきみやげにも良さそうなシールなどもあるので
マリカホとしばらーーーく店内ぐるぐるまわってました。


彰藝坊という
お店にも立ち寄り、客家柄のバッグやポーチ、お人形の色鮮やかさに
脳内ホルモンでまくり。
原色バリバリの横尾忠則チックなデザインのクリアファイルセットと、
客家柄のコースターセットを購入。


そして金華公園に到着。


kinkakouen2.JPG
kinkakouen1.JPG
kinkakoen0.JPG


のんびりとしたいい公園。


持ち帰りで小龍包、コンビニでビール買って

子ども達遊ぶの見ながらベンチでゆっくり、という

過ごし方したかった〜!

丸腰で来ちゃったよ。
まあ近くにコンビニあったけど、なんとかお茶でお茶を濁した。


結構長い時間子ども達遊んでましたね。
もういい加減いいだろうと再び散策開始。


シンプルな中にちょっと凝った遊び心がある紙物のお店、
品墨良行では2日前に
富錦街のお店でちょっとしゃべったご夫婦と偶然にもバッタリ!


地下では展示をやってました。
皮や帆布のバッグ等もかわいい。

私が買い物モードでいると、
時間を持て余しそうなマリカホをお店のスタッフがお庭のロケット!?に
招待してくれてました。


ryohin1.JPG


まあとにかくかわいいお店。
このアーティスティックロケット内にもイラストの作品が
飾ってあり、カホが芸術魂インスパイアされ芳名帳に作品を
描き続けてました・・・
(スタッフの方が描いていいよ〜って言ってくれたみたいです^^;)

aotagai.jpg

今回きよみさんがおすすめしてくれた青田街エリア、
日本統治時代の建物が多く残り、
建物よりも道路よりも人よりも緑がいっぱいで気持ちのいい街でした。
こだわりを持ったお店も点在してます。

旅々台北
この記事が結構見やすくてお店の情報もあり便利。

古くてかわいい門扉や窓枠、ポストなどを見ながら歩きつつ、
その中でも有名な青田七六
日本家屋をカフェにしたお店へ到着。


わ〜素敵〜と思って見ていると、カホが急に
真後を指さし、

お母さん!木からドラゴンが生えてる!!

ryu.jpg

ホントだーーーー!!!

これ青田街行く人いたら見て来て〜〜〜
木から龍の半身が出ている様に本当に見えるの。

ちょうど青田七六の門の右寄りに立ち、
後ろを振り返ると見えます。

私辰年だし☆なんだかすごく運気がアップした気分!


カホありがとう!

と、お散歩は色んな発見があっておもしろい。
今度はもっと奥の"龍泉街"にもいってみようっと。

| 2012-3子連れ台湾9日間 , 子連れ海外旅 TRAEVL WITH KIDS(ABROAD) | コメント (2) | 2013.01.18 00:09 |
Pagetop ↑