diary

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

2011.10.17 子連れ北海道完結編〜新千歳空港満喫〜

北海道旅行5日目最終日。
札幌の義兄邸で美味しい朝ご飯をいただき、
義兄の出勤とM君の登校を見届ける。


義姉に車で駅まで送ってもらい、
新千歳空港へ到着。


まずは「今回の旅で寿司食べてなかったね〜」という事から
チェックインを済ませた後
回転寿し根室花丸へ。


まだランチタイム前だったのでほぼ並ばず店内へ。
とりあえず生ビールと本日のおすすめである
◯生さんま
◯青そい
◯かれい
◯特大ぼたんエビ
などなどを食べる。

子ども達も
◯たまご
◯かっぱ巻
◯サーモン

と、流れて来るお皿をゲット。
この後ラーメンも食べようね〜なんて言ってたのに、
美味しいので止まらずえんがわやあぶりサーモンと
もりもり食べる。


hokkai9.jpg

カホもお寿司をにぎる職人さんに直々に注文。
笑顔の店長さんに向かって

「あの人優しそうな顔してるね!」と大声で・・・

笑顔に輪をかけた満面の笑みでほほえんでくれました。


腹8分目?になったところでお店を出、行くは
北海道ラーメン道場へ!


フードコートっぽい造りの店内に10件の精鋭ラーメン屋さんが並ぶ。
旦那とぐるっと周りながらどこにするか思案。

一番美味しそうって思ったのが道南地区の人気店ラーメン次郎長


塩ラーメンと醤油ラーメンを注文し、
4人でさっきのお寿司など無かった様にいただきました。
麺のちぢれ具合と、トロトロ豚、卵にスープと美味しかった!


旦那はもう北海道に未練は無いとばかりに満足顔。

マリとカホと私は義姉にもらったドラえもんわくわくスカイパークのチケットを
握りしめレストラン街から歩いてすぐのエンターテイメント施設が並ぶエリアへ。

hokkai10.jpg

世界のカリスマドラえもん!
彼は本当にすごいですよね。
親子2代に渡って同じテンションで興奮出来るキャラクター、
しかも日本人以外の観光客もシャッター押しまくりで
空港内施設とは思えぬ充実っぷり。

無料で遊べるスペースや、おみやげ屋さんをのぞくだけでも
価値ありです。

有料で入るスカイパークでは40分遊び倒しました。
四次元ポケットの道具を実際使ってるみたい!
なしかけがいっぱい。


最後に「本物のドラえもん」(と子ども達は言っていた)と
記念撮影も出来て、これは飛行機に乗らない人もわざわざ
遊びに来るというのに納得です。

満喫しすぎるくらい満喫し、東京へ向けて飛行機で出発。
帰りは全員爆睡。

機内はほぼ満席でしたがラッキーな事にカホの隣の席が
空いていて、それだけでも親としては気楽になりましたね。

最後の最後に旦那が仕事用のパソコン入り鞄を機内に忘た事を
リムジンバスのチケットを買った後に気付き・・・


30分以上のロスタイムがありました。


今回の旅行ではその鞄を忘れた事と、マリが結構な鼻血を
出した事くらいのトラブルですみ、だいたいお天気にも恵まれ、
義兄一家におんぶに抱っこで
とってもとっても楽しい北海道旅行となりました。

長くなりましたが、これにて子連れ北海道2011秋、を
締めさせていただきます!

〜もし子連れで北海道に行こうかな〜と
ぼんやり考えてる方の少しでも参考になったら幸いです☆〜

| 2011年秋子連れ北海道 , 子連れ国内旅 TRAVEL WITH KIDS(JAPAN) | コメント (4) | 2011.10.17 09:24 |

2011.10.16 子連れ北海道〜大雪山大通公園ジンギスカン!〜

大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ
で大雪山五合目まで行った私たち。

東京はまだまだ暑かったというのに札幌は涼しい、
更にこの大雪山五合目には雪が所々に積もってるでは無いですか!

風が冷た〜い。

【リスに会えるかもしれません】
というふれこみから、私はひそかにリス探し。


すると一カ所に推定台湾人観光客のみなさんが集まって
カメラを傾けてる!



「あ!!リス?」


と思って横からのぞいてみると・・・・



yuki3.jpg


そう、台湾人のみなさんにとって雪はレアアイテム。
こんもり積もる雪の塊にカメラを傾けて激写していました。



さらに



yuki2.jpg


雪と私



yuki4.jpg


雪とオレ


という"WITH雪"構図で
みなさん写真を撮ってらっしゃいました。
ほほえましい。

紅葉や雪山の景色を堪能し、
子ども達もちょっとした雪遊びを楽しみ、
車に乗り込み旭川へとドライブ。


旭川ラーメン村
目指しましたが途中から激しい雨、雨、雨。

ちょうど村に着いた時には横殴りの豪雨!!

車から建物に行くまでにびしょ濡れになること確実。
さらに店の外にみんな並んでいるので

「これは無理だ」と諦めました。


すぐ近所にも有名な梅光軒
あったのですがこちらも駐車待ちの車の列が。


旦那が「あそこ美味しい気がする!」と、車で
通りがかった麺屋 天晴に入る事に。

ちょうど屋根付き駐車場が空いてそうだったのでラッキー!
と入店しました。

 


hokkai8.jpg

子ども達、みんなそれぞれ


一人前平らげました!!

旭川は寒いからか、味がしょっぱめでしたが
美味しかったです!醤油も塩も、手羽餃子も堪能。

みんな満足で車中昼寝。
一路義兄一家、札幌市内へ!


途中砂川SAの岩瀬牧場のソフトクリーム


北菓楼砂川ハイウェイオアシス館店のソフトクリームを食べ比べ。

食いしん坊の義兄が
「仕事柄色んな人と会うからさ、話題作りに食べておかないとね〜。」
なんて仕事といいつつ嬉々として食べてました。

北菓楼のも濃厚で相当美味しかったけど、
岩瀬牧場のソフトクリームは後味がスーっとさっぱり。
もう一口、もう一口、とやめられない止まらない。

最近食べたソフトクリームの中で
一番でした!

そして当初の予定ではこの砂川サービスエリア直結の

北海道こどもの国

へ行く予定でしたが、お天気も良く無いし
子ども達も車中で爆睡。
更に時間も無かったことから行かず、

そのまま札幌へ向かいました。


義兄と義姉の安全運転のお陰で無事札幌到着!

札幌の義兄宅でしばし休憩。
その後札幌大通り公園を散策し、夜景を楽しみ松尾ジンギスカンへ。


海外に行っても先入観無しに
何でも美味しい!と食べるマリが、気を使って

「ちょっとおもしろい味がするなあ」

とラムチョップを一口で食べるのをやめてたのがおかしかったです。


私はビールにジンギスカンにとかなり堪能させていただきました☆

帰宅後、子ども達と旦那が寝た後に、
義兄、義姉と三人で

手ぶらでいいのに・・・?


をだらだら見つつワインとチーズの宴。
ほっと一息の時間で楽しかった旅を振り返りました。

マリと同じく新1年生になったM君の小学校生活の話を
聞くのもおもしろかったですね〜
やっぱり冬はスキーの授業があるとかで。

スノボ好きの義兄一家のことだから、きっとこの転勤生活
数年で相当ウィンタースポーツ経験値を上げるんだろうな〜。


というわけで、お次は子連れ北海道完結編!
新千歳空港でのお話です。

| 2011年秋子連れ北海道 , 子連れ国内旅 TRAVEL WITH KIDS(JAPAN) | 2011.10.16 09:05 |

2011.10.15 子連れ北海道〜美瑛とペンショントムテルム〜

ファームズ千代田さんでの大自然を満喫後、
美瑛の雄大な景色を眺めつつ今宵の宿

トムテルムへ。

北欧の雰囲気漂う素敵なお宿は義姉が探して予約してくれました。

最初おなじく美瑛にあるペンション

スプウン谷のザワザワ村

気になったのですが、1家族1棟というのと、
夕食が付かないので近くのレストランへ行かなければならないとの事。
小さな子連れ2家族には厳しいかな〜と諦めました。


しかし実際美瑛を訪れてみて思ったのは、
あまりに、あまりにあまりな全力の大自然!

何日か滞在し、景色独り占めで落ちて行く夕日をぼーっと
眺めたり、レンタサイクルでちゃりちゃり丘をなぞっていったりと
そういう楽しみ方をしないといけない場所だという事。

そうなるとやっぱりこういう個人経営のペンションは
美瑛にはぴったりなんですね。

絶対に再び、いや三たび来るからね〜と
自分と美瑛の空に誓いました。

hokkai4.jpg


トムテルム!素敵でしょ!

子ども達はもっぱら看板犬のロッタちゃんと外遊び。
朝もはよから起きて外へ飛び出しロッタちゃんと
戯れていました。

関東から移住されてきたオーナーご夫婦が
またまた雰囲気にぴったりな優しい方達で、
食事も美味しくレンタサイクルなどもあることから、
1泊で離れるのが悔やまれてなりませんでした。

hokkai5.jpg


翌朝、チェックアウトをすませオーナーにいただいた
美瑛の方による美瑛を楽しむ為の美瑛おすすめマップを元に、
ぐるぐるとドライブ。


これ正直仕事もしてちょっと日常に疲れた大人になってこそ!の
ご褒美景色ですね。


そーーーんなに雄大な景色!大自然!に心を打たれる事は
無い私なのですが、日本の中にこんな景色があるんだ〜と
秋の美瑛、パッチワークの丘達は心にぐっと来る物がありました。


美瑛に後ろ髪ひかれながら子ども達にとっての旅行の目玉


旭山動物園へ!


hokkai6.jpg


子ども達は"動物"もさることながら、
大量に空を待っていた【所属外】の
"とんぼ"遊びに興じてました。


嘘みたいにほいほいととんぼをつかまえる事が
出来て、常にM君やマリカホは両手にとんぼ☆状態。


相当楽しんでましたね〜


動物の展示もキリンの顔が目の前に来る様な造りに
なっていたり、ペンギンの裏側がよく見える水槽、
昼寝しているヒョウを真下から眺められる檻や、
随所で飼育員の方達が動物の解説とエサやりパフォーマンスを
していて飽きる事無く楽しめました。

「子どもに付き合ってる」という感覚ゼロ。

お昼のレストランのビールも美味しく、
ラーメンもなかなかでした。

ただ休日とかは混むのでみなさん知ってか知らずか
お弁当や何故か"カニ"持参(何故カニ!?)の
グループが芝生でたくさんピクニックしていました。


我が家のカホちゃん。
「お昼何食べる?」とレストランで聞くも
かぶせるように
「カレー!」

昨日のカレーが辛かったことからのリベンジ。
子どももみんな食べてるのできっとここのは
辛くないだろう・・・・


すると・・・

karai2.jpg


ええええーーーーーー!?


全然辛く無いのに、何のクレーマーかと
旦那と目配せ。

こちらも辛い辛いと言いつつ完食していましたけど・・・


夕方までみっちり動物園を満喫し、
ドライブがてら層雲峡を目指しgo!

山になるにつれ色合いがぐんぐん変化し、
ごつごつした岩肌と鋭いエッジが
黄色やオレンジ、真っ赤な葉っぱに覆われ
「紅葉狩りの神髄は渓谷にあり!」
と思わせる渋い誰もが納得の風景に。

hokkai7.jpg


この日のお宿は層雲峡観光ホテル
多分日本人より中国人が多かったですね。

でもだいたい声をかけるとみなさん「台湾」からお越しでした。
夕食会場で並んでる時、お風呂に行く時、
ついつい話しかけずにはいられないおばちゃん体質の私は
「台湾好きです」「台湾の人たちは優しい」「料理が美味しい」
などなど片言の英語と日本語(何故か日本語までおぼつかなくなる)
で交流を図りました。

北海道の地で。

マリとカホは大の温泉好き。
夜はもちろんのこと、早朝露天風呂なんかも
起こして誘えば喜んで付いて来る。

ちょっと前まではおむつだからムリだな〜とか
ゆっくり親が入れないから一緒は嫌だな〜とか思って
ましたが、
連れて行っても一緒にビバノンノンとほかほかに
なれるまで浸かれる様に。

うん、成長だな。

食事も大広間の奥、半個室の小上がりの席に通され
ラッキーでした。
義兄と義姉とも久々にいろいろお話出来て嬉しかった。

何だかんだで両親達含めた旅行も併せると、
スキーや温泉、海外旅行も含め義兄一家とは
6度目の旅行になるのかな?


まだまだ数年は北海道にいるみたいなので、
来年はスキー合宿にでも来ようか、と話していました。


こんな楽しく仲良くお付き合いできるなんて
幸せです。

と言ったところで長くなったので一旦終わりにしたいと思います。
層雲峡2日目から続きをお送りしま〜す。

| 2011年秋子連れ北海道 , 子連れ国内旅 TRAVEL WITH KIDS(JAPAN) | コメント (2) | 2011.10.15 23:25 |

2011.10.14 子連れ北海道〜乳搾り生キャラメル作り体験!〜

:::::::::::本題の前に「子連れソウル原画展」パーティーのお知らせ::::::::::::::::::::::

来週18日から始まる大阪でのイラスト展示会。
展示期間中にささやかながらみなさんと交流の場を設けたいと思います。
おつまみとお酒で楽しいひと時を過ごしましょう。

場所:calobookshop&cafe
日時:10/22(土)16時~18時
会費:大人(中学生以上)1000円(フリーフード+1ドリンク)
小学生500円(フリーフード+1ドリンク)
未就学児は会費無料

※準備の都合上、ご参加の方は、10/19までにお名前
・ご連絡のつきやすいお電話番号
・グループの場合は 全員の方のお名前を、

info@calobookshop.com

までお知らせください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、子連れ北海道日記本編です。

翌日から秋休みのマリ、終業式を午前中に終え、
帰宅後ご飯をかっ込み、同じく仕事を午前中で
終わらせた旦那とバタバタ身仕度。
カホもお昼にお迎え。

羽田からの飛行機がそういえば機材変更とやらで
ポケモンジェットになった!という
さい先の良いスタートでした。

羽田⇔新千歳はドル箱路線と言われるだけあり満員御礼で、
しかも機材変更でかなりのオーバーブッキングが出た模様。


1時間後の便に変更すれば協力金で


1万円ゲットのチャンス!


4席で4万!?と一瞬悩む私たち夫婦。

もちろん義姉が空港に迎えに来てくれてるし、子連れとなれば
時は金也、そのままポケモンジェットに乗り込みました。


飛行機ではマリもカホも完全"慣れた人"。
離陸にそなえグミを用意し、イヤホンを取り出し、
機内で借りた絵本を読み始める。

カホがノリノリで何かを聴いてるので


「何聴いてるの?」

と尋ねると・・・

poke.jpg

それって落語!?



たしかにキッズソングプログラムとか無かったけど
落語って・・・

と、まあそんな感じであっという間に新千歳着。



「あ!M君!」

義姉とM君が到着ロビー出口でお出迎えしてくれました。

4月までは家も近い事からしょっちゅう会ってたのに、
なんと半年ぶり!

小学生になったという事もあってかM君、
すっかりお兄さんに見えましたね〜。
元気さは相変わらずで、かこさとしさんが絵を描かれた
とこちゃんはどこのとこちゃんの様に
あっという間に空港駐車場の車まで走って行ってました。

そして義姉からは
「最近グンちゃんにはまっちゃって・・・」と
重い告白を受けました(笑)。


私の周りの数人の統計から考えるに、GAKCTや福山が
好きだった人がチャングンソクにハマる傾向がある気がします。
(もちろん義姉も)


韓流が好き、なんて一度も言ったことが無い義姉ですが、
家におじゃまするとグンちゃん表紙の雑誌が飾られてました。
PCの壁紙も・・・

そんな姉に旦那が一言

「姉ちゃん大丈夫?」


と話逸れましたが、空港から車で札幌市内へ。
まずはパックで付いてたビジネスホテルにチェックインし、
荷物を預ける。
その後すすきのにあるはちきょう別亭おやじへ。


そこで仕事を終えた義兄と合流。

全員集合となりました。


知床、羅臼の漁師町をイメージした店内には大漁旗などが壁にかかり
名物「つっこ飯」というストップをかけるまでイクラを丼にかけるという
メニューのかけ声が響き渡り、一気にワクワク値急上昇。


旅先の居酒屋ってどうしてこうも

テンションがあがるのでしょうか。


tamago.jpg

ほっけやお刺身、厚岸の生牡蠣などなど
うれしくて食べ過ぎました。


お酒は道央地区の北の錦大吟醸
が香りがとっても豊かで美味しかったです!

子ども達も大好きなほっけや、マリはつっこ飯、カホは
こだわり開運卵とやらを使った卵かけ飯に夢中。


義兄一家プロデュース旅行、初日から
素敵なお店に連れて行ってもらえて感動。


お酒が飲めない義姉のお陰!?で、車で再びホテルまで
送ってもらい初日は解散。

クイーンサイズのベッド3つにエキストラベッド1つという
広々展開!のはずが・・・

私が寝ていたベッドの両サイドにマリカホ無理矢理ねじ込んで
来たではないか!!


寝返りすら打てない・・・


旦那一人でゆうゆう1つのベッドで熟睡。
何故か2つのベッドは無人。

そして私のベッドに3人。


どういう事!?


寝れたんだか寝れなかったんだか分からぬまま朝を迎えました。


ちゅんちゅん。

hokkai2.jpg


2日目、朝合流し富良野美瑛へ向けてドライブ。
本当にこういう所すごいなって思うのですが
子ども3人にお菓子の詰め合わせを用意してくれた義姉。

さらに長いドライブだと子ども飽きちゃうから、と
色んなDVDまで準備。


go.jpg


準備万端な義姉のお陰で順調にドライブをすすめていると・・・




「お母さん!鼻血が出る!!」


とマリの絶叫。
元々出やすい体質の為、「来る!」というのが
わかるらしいのですが、今回来てからが長かった。


両方からどんどん出て来るのでマリもパニックに。


車内でのぼせちゃったのでしょう、結構な具合に
出血してしまいました。


そういえば子どもの保険証持って来てなかった・・・


とそこで気付く私。何が起こるか分かりません。
旅行にはみなさん子どもの保険証もって
行きましょうね☆(みんな忘れないって)


で、どんどんTHE北海道な景色になっていき、
途中宙に浮いてるメロンを発見!


とみたメロンハウス


にてカットメロンを堪能。
ラベンダーの季節では無いのでサイトの様な景色では無かったですが、
広い敷地で子ども達は走り回り、トンボを追いかけ、
ちょうどいい休憩になりました。


休憩後、ファームズレストラン千代田へ。

さんざん迷った結果、びえい牛のヒレステーキを注文。
美瑛の丘というワインと共に♪
噛めば噛む程美味しいお肉・・・


旦那の頼んだビーフカレーも、義姉のビーフシチューも美味しかったです。
お子様メニューもあり、マリとM君はハンバーグ、カホは迷わずカレー。


しかし・・・

ill2.jpg


スパイスが効いた美味しいカレーがお口に合わなかったカホ様。

でも食べたい、しかし辛い、かといって残したく無い、やっぱり辛い。

てな具合に食べ進めていました。

(お子様メニューではありましたが、ちょっとでもスパイスが効いてるのが
苦手なお子さまはカレーは外した方が良さそうです。)

食後は目の前に広がるファームズ千代田
羊たちやダチョウ、どさんこやくじゃく、ヤギうさぎ馬とのふれあいタイム!



ill1.jpg

動物との関わり方が激しいM君!
わっしゃわっしゃ羊や馬と戯れる姿は満場一致でMゴロウ。

生キャラメル&乳搾り体験の予約時間までの1時間強、
飽きる事無く動物にエサをあげたり牧場を走り回ったり
子ども達にとってはかなり楽しい時間だった様です。

大人達もかわいい赤ちゃんうさぎに釘付けになり、
羊のショーンがいた!やらダチョウって美人、などと言いながら楽しむ。

馬小屋でアバンギャルドな髪型をしてる馬を前に義兄が


ill3.jpg


と一言。確かに。


hokkai3.jpg

乳搾り体験も大きくてぬくもりがある牛さんを間近に
感じながらの貴重な体験。
生キャラメル作りも思ったよりとてもシンプルな行程で、
でも甘いものそんな好きではない旦那も絶賛の味になりました。

もう少し大きくなったら半日ファームステイとか、
農場宿泊なんかもおもしろそう〜と妄想。

お天気にも恵まれ、でっかいどーの北海道を満喫。

小さいひまわり?が秋なのに満開で、それもとってもキレイでした!

長くなったので次へ続きます。

(もっとさくさく進める予定だったけどやっぱり長くなりますね)

| 2011年秋子連れ北海道 , 子連れ国内旅 TRAVEL WITH KIDS(JAPAN) | コメント (4) | 2011.10.14 00:17 |

2011.10.13 2011年秋子連れ北海道〜日程編〜

:::::::::::本題の前に「子連れソウル原画展」パーティーのお知らせ::::::::::::::::::::::

来週18日から始まる大阪でのイラスト展示会。
展示期間中にささやかながらみなさんと交流の場を設けたいと思います。
おつまみとお酒で楽しいひと時を過ごしましょう。

場所:calobookshop&cafe
日時:10/22(土)16時~18時
会費:大人(中学生以上)1000円(フリーフード+1ドリンク)
小学生500円(フリーフード+1ドリンク)
未就学児は会費無料

※準備の都合上、ご参加の方は、10/19までにお名前
・ご連絡のつきやすいお電話番号
・グループの場合は 全員の方のお名前を、

info@calobookshop.com

までお知らせください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


さて本題です。


マリの"秋休み"に合わせて北海道へ行ってきました。
義兄一家(旦那の実姉一家)が4月から札幌へ転勤になったので、
秋の連休の何処かで遊びに行こう!と言っていたのです。

だいたい自分が行く旅行においては下調べや
チケット手配等色々幹事業をやるタイプなのですが、
今回は義兄一家におんぶに抱っこ。
ガイドブック1冊すら買わずに


精神的にも物理的にも丸腰で乗り込みました。



まずは日程をざっくりと・・・


1日目:マリ下校後、夕方新千歳空港着義姉といとこM君車でお迎え。

すすきの海味はちきょう別亭おやじ
にて全員集合!あふれんばかりのいくら丼を堪能。

パックに着いていたすすきのビジネスホテル泊
(義兄一家は自宅へ)

2日目:義兄家の車にみんなで同乗、一路富良野へ。

車の中から見えたメロンのバルーンにつられてとみたメロンでメロン休憩。

ファームレストラン千代田にて"びえい牛"のランチ
(子供用ハンバーグやカレー有り)

ファームズ千代田でひたすら羊やダチョウや
馬にエサやり。その後乳搾り体験と生キャラメル作り体験。

美瑛のペンショントムテルム着。
看板犬バーニーズマウンテンドッグのロッタ君とたわむれる。
(美瑛があまりに素敵なのと、レンタサイクルなどあることから
 ここには2泊以上してみたいな〜と思いました。)

3日目:美瑛ドライブ

旭山動物園
遊び尽くす。
動物もさることながら、大量に飛んでいるトンボをつかまえる事に夢中になる子ども。

一路層雲峡へ(何度も昇仙峡と言い間違える我々)

層雲峡観光ホテル
(義兄が予約してくれた某サイトのわけありプラン。
荷物を部屋まで運ぶ&布団を敷いてくれるサービスが無し
というだけで破格の値段だった!)

4日目:宿すぐそばの大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイで紅葉と雪を楽しむ。
(とにかく台湾からの観光客が多くニーハオシェイシェイと声をかけまくる。
数名グループで写真撮影してるのを見ると、全員で写してあげたくなり
カメラ係となりシャッターを押してあげた。イー!アール!サン!
「シャッター押しましょうか?」っていう中国語覚える事に決める。)

旭川ラーメンランチ。最初あさひかわラーメン村へ立ち寄ったのですが、
全部の店に列が出来ていたので
急に降り出した雨により「並べないね」と断念。
入口に横付け出来そうな近くの麺屋 天晴れに入る。

その後予定では北海道子どもの国で遊ぶつもりでしたが、雨が降っていたのと、
時間も無く子ども達車内で爆睡してたので砂川SAのソフトクリームと、
北菓楼のソフトクリームを食べ比べ。(大人だけで♪)

札幌にある義兄邸着
しばし休憩の後、大通公園でテレビ塔の夜景を見ながら
松尾ジンギスカンにて最後の晩餐。義兄邸泊

5日目:義兄一家と涙のさよなら(いや、誰も泣いてない)
札幌駅から新千歳空港へ、
回転寿司根室花まる北海道ラーメン道場内、
次郎長で塩ラーメンと醤油ラーメンのはしご。

ドラえもんわくわくスカイパークで40分程はしゃぐ。
最後に本物のドラえもん(と子ども達が言ってた)と記念撮影も出来ました!

夕方新千歳空港初、自宅着。


DSC_0914.jpg

という日程でした。
これから数回に分けて北海道旅行日記をお送りしたいと思います〜。


| 2011年秋子連れ北海道 , 子連れ国内旅 TRAVEL WITH KIDS(JAPAN) | 2011.10.13 09:28 |
Pagetop ↑